ラジカセはどこに行ったの?

サークルでもっている録音教材(カセットテープ)を、mp3ファイルにしてほしいと頼まれた。

我が家のカセットデッキは、巻き戻しができない。ボランティアセンターにいって、ラジカセを借用。

2時間かけてパソコンにとりこむ。ラジカセの出力端子は、PHONEしかない。

一方パソコン側は、MICしかない。オーディオケーブルでつないで、パソコン側では、超録を起動。

パソコン側は、音量をMAXにし、ラジカセ側で最大振幅になるよう調整。約2時間かけて、無事録音は終わった。

しかし、収録したmp3ファイルをメディアプレーヤーで再生してみると、まったく異なった音調になっており、これでは聞き取りの練習にならない。

自宅の壊れかかったカセットデッキから、こんどは、アナデジ変換のデジ造をつかってみようとしたら、デッキは壊れていてテープがまわらず、再生もできない。

ついに我が家にはカセットテープを再生できる機器がなくなってしまった。ラジカセがわりに使っているのは、CD、MD、USBメモリーに対応したものだけ。

デジタル全盛の時代ですね。ネットで調べても、カセットデッキは、ヤフオクにしかなく、ラジカセも数千円の廉価版のみ。

LINEOUT端子のついたものなどどこにもない。

預かったカセットデッキのMP3変換はしなければならないので、数千円のラジカセを買うことにするか。

広告
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中