Nave PLayer

音程をかえずに、速度を替えられるビデオプレーヤー。

文字おこしに最適であるが、WMVファイルでは、速度変化ができない。オーディオファイルは、可変なので

問題ないともいえるが、ビデオ映像からの文字おこしもあるだろう。

サイトで調べてみたら、以前のバージョンでは、可変だったが、WMPの仕様変更で、不可変になってしまったらしい。

ただ、XPであれば、対応ができることがわかった。

Nave PLAYERのバージョンは 0.6.15 でなければならない。

最新は0.6.22になっており、作者のサイトにはもうない。

http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20080223 に旧版の存在場所がかかれていた。

WMP9のQASF.DLLは、qasf.dllで検索するとみつかる。

これをNave Playerのあるフォルダーにいれておく。

これで、WMVファイルも速度が変えられるようになった。win7でこの方法がうまくいくかはまだたしかめていない。

広告
カテゴリー: 要約筆記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中